2001年10月11日

消化器の検査 その2

昨日の続き。今日は胃カメラ。
まずは麻酔薬でうがい。これがまずい。まじで。辛いし。
だんだん舌がしびれてくる。唇も。というより、嫌になってくる。
ガラガラっと30回ほど、のどの奥まで入れて出しての繰り返し。
それから胃カメラ。キシロカインをぶちゅーーーーーーーっと口の中に入れて
挿入開始。痛い痛い。のどを通る時が、想像を絶するくらい苦しい。
でも、飲み込めば楽らしい。普通にしていたからとても痛い。
今でものどが痛い。おそらく少し傷ついたんじゃないだろうか。別にいいけど。
で、中を見る。ま、他の動物の内臓系は切開して見たことあるので、とくに感動はない。
ただ、「美味しそうだなぁ」という感覚はさすがに自分の内臓には持てなかった。
というより、苦しくてそれどころじゃなかったのかも。
少し炎症は起こしていたけど、特に何もなし。所々出血していたかな。
医者に言われなくても自分で見てればその程度はね。
で、記念に4カット、写真もらってきました。っていうか、くれた。べつにいらないんだけどね。
昨日一緒にバリウム飲んだ男性は結局胃潰瘍で明後日から1ヶ月の入院。
ま、僕は今のところ入院はしないみたい。っていうか、患部は胃じゃないし。
というわけで、今月の26日金曜日にまた検査。今度は下からバリウムを入れて撮影。
前日から消化にいいものを食べて、夜から絶食。下剤等を使用して空にする。
それで結果次第ではまたカメラなんでしょうね。はぁ・・・。
ま、胃よりは楽なのかな?格好は情けないけど。
posted by じゅう at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2001年10月10日

消化器の検査

知っている人は知っているけど、消化器系が例のごとく調子悪いので、
会社に行く途中にふらっと病院によってみました(笑)。
テキトーに診察してもらって、薬でも処方してもらおうと思って。
そうしたら、いきなりバリウム検査。???。しかし先生の勢いに押されてすることに。
いや、普通バリウムは関係ないだろうって言いたかったんですけどね。
そうしたら、まず胃でこんな所見が。
cascade stomach 瀑状胃(X線所見の1つ。患者がバリウムを立位でえん下した場合、
胃底部にバリウムが溜まり、前庭部へ瀑状に流れ落ちる。横位の胃における正常変異の1つ)

Stedman医学大事典からの抜粋です(笑)。
要は噴門、胃の入口が幽門、胃の出口より下にある状態。弱捻転していると言うこと。
ゲップが出ないと言う体質も、これが原因でしょうね。だって、出口の方が上だから。
要するに立っていると胃の中が空にならないそうです。
しかも荒れていて、明日は胃カメラ。他の理由で来たのに(;_;)。
で、小腸は特に何もなく、大腸。こちらの所見は巨大結腸(笑)。
読んでそのまんま。
悪い人じゃないんだけど、変な先生で、突っ込みを入れたくなる(笑)。
胃の時は、
入口が下にあって、出口が上にあるんだ。まるで牛のようだ。牛は胃が5つぐらいあるんだけどな。
いや、それは何の慰めにもなっていないし、しかも牛は胃は4つだよ。一応A学科なんだからそれくらいは・・・。
大腸では、
これはでかいね。げんこつが入るよ。」余計なお世話だ!!
アウエルバッハ神経叢が未発達だそうな。ま、それはいい。その説明はね。しかし、
アウエルバッハ神経叢というのは、アウエルバッハさんが見つけたんだ。
そんなことより他に言うことあるだろう!!!薬で何とかするとか改善策をさ。
僕の前に診察を受けていた女性、一緒に胃透視、腸透視をしたんですが、
女性「今は余り痛くないけど、いつまで薬を飲めばいいのですか?」
医者「痛くなければ治ってるし、痛ければ治ってない。」
いや、その程度の診断なら俺もできるぞ!!!!
ただ、なんだろう、文面から受け取る印象と実際はかなり違うと思う。
なんか漫才をしているような、明るい診察室なのだから。
注射をされる時も看護婦さんが採血して、そのままシリンジと針を外して、針を刺したまま、
新しいシリンジに交換。こんなの初めてされたけど・・・。たしかに1回で済むけど・・・。
で、血管から外れてるし(笑)。「外れてるよ?あ、入った」って見ながら言ったら、
向こうはかなりびびっていたし(笑)。当たり前か。
採血も余り上手じゃなかったな。僕の方がうまいし、M地君の方が上手だろう(笑)。
でも、おばちゃんだったけど看護婦さんに採血されたいけどね。M地君だったら全採血されそうだから(笑)。
明日は胃カメラ。今日もう一人一緒だった男性と。彼は胃潰瘍。人差し指くらい。
医者「胃に穴があいとるぞ。人差し指が入る。
男性「穴が空いてたらこんな元気じゃないでしょう。
要するにこの医者はわかりやすい説明というものを追い求めすぎたのかもしれない。
ふと、そんな気がした一日でした。明日はどうなるんだろう・・・。
posted by じゅう at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2001年10月06日

ホイール交換インプレ

ホイール交換終了。純正以外では久しぶりに新品のタイヤ(笑)。
BBS RKに交換した時以来ですね。そのあとは中古タイヤだったから。
今までにいろいろタイヤは履きましたが、REGNOは静かですね。
突き上げもかなり少ないし。
ハンドルを切った時の応答性が若干遅れ気味かな?って感じもしたんですが、
それは後部座席にホイール+タイヤ4本乗っていたから(笑)。
下ろしたらそれほど気にならなくなりました。
非常に乗り心地はいいです。グリップもいいかな。
でも、スポーツ走行向けのグリップじゃないのは確か。
でも、純正よりいいから、いっか。
重量的にはどうなんでしょう。純正とspeedlineはそれほど差はないはず。
インチアップしたのに(笑)。タイヤはなー、BS重いし。
見た目はなかなかいいですよ。近日中にアップします。
posted by じゅう at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BMW E46 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2001年10月04日

ホイール交換

ついにホイール交換。BMWには珍しいであろうspeedline CorseのGT-one。
BBSやOZに並んで、世界の3大スポーツホイールメーカーなんだけど、
ラリーの印象が強くて、スバルやラテン車にしか売れていないらしい。
実際町中で見るBMWにはBBSが付いているのが多くて、BBSには飽きたのが正直なところ。
E36の時もRN16インチ、RK17インチと履いていたから。
今回はフロント7.5J、8.0Jで、色はシルバー。タイヤはちょっとおごってBSのREGNO。
しかも225/45-17というメーカー推奨サイズ。値段で215/45-17にいかなかったのがポイント。
土曜日に装着予定。どんな感じになるんでしょうね。
posted by じゅう at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BMW E46 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。